京進の歩み

1968年(昭和43年)
八木沢進、八木沢精機を設立する。
1973年(昭和48年)
工場移転、京進機工に屋号変更
日立精機 タレット旋盤 3A 導入
1976年(昭和51年)
日立精機 タレット旋盤 3D 導入
1977年(昭和52年)
法人化 有限会社 京進機工 設立
1982年(昭和57年)
現在地に社屋・工場新築
ヨコハマゴムアセンブリ工場に認定
1984年(昭和59年)
日立精機 NC旋盤 NK-20 1号機導入
1985年(昭和60年)
日立精機 NC旋盤 NK-20 2号機導入
1988年(昭和63年)
日立精機 NC旋盤 NR-20 導入
1991年(平成3年)
日立精機 立形マシニングセンター VM40Ⅱ 導入
1992年(平成4年)
三ツ星ベルト樹脂加工の工場に認定
1999年(平成11年)
工場増築
2000年(平成12年)
日立精機 立形マシニングセンター VS60 導入
2003年(平成15年)
半導体、液晶部品加工を手掛ける。
2005年(平成17年)
滝澤鉄工所 電脳旋盤 TAC510 導入
2006年(平成18年)
森精機 横形マシニングセンター NH4000DCG 導入
2007年(平成19年)
八木沢 幸也 代表取締役就任
2008年(平成20年)
OKUMA 複合旋盤 LB3000EX 導入
2009年(平成21年)
ファナック ワイヤーカット 導入
2011年(平成23年)
森精機 立形5軸マシニングセンター NVX5080 導入
2012年(平成24年)
真空梱包機 導入
2013年(平成25年)
3Dプリンタ 導入
2013年(平成26年)
DMGMORI 複合旋盤 NLX2000Y 導入
2015年(平成27年)
DMGMORI 複合旋盤 NLX1500SY 導入